TOP
46.50score

tomorin

スポンサー健康ネット

ぬか床は栄養バツグンの発酵食品だった!

酵素が健康やダイエットにいいと話題になっていますね。サプリやドリンクで摂るのもいいですが、普段の食事で発酵食品を食べることによっても、酵素は摂取可能です。今回は、おすすめの発酵食品について紹介します。

■発酵食品とは?
発酵食品とは、微生物の働きによって加工された食品のこと。微生物たちは食材の中のデンプン・糖・たんぱく質などを代謝物として消化しますが、その過程で産生された酵素が、食材の味を変化させ独特の旨みを生み出し、また食材の持っている身体に良い成分を増やしてくれるのです。

■どんな発酵食品がある?
日本の伝統的な調味料である味噌や醤油、みりん、酢はどれも発酵食品です。最近注目されている麹も発酵食品の1つ。和食を食べることで、自然と発酵食品を摂れていると言えます。ほかには日本酒、ビール、ワインなどのアルコールも発酵食品として挙げられます。食品では納豆、キムチ、ヨーグルトが代表格ですね。

■ぬか漬けの驚くべきパワー
数ある発酵食品の中で、特におすすめしたいのが、ぬか漬けです。
ぬか漬けにした野菜は風味豊かになり、旨みが生まれます。旨みが醸成される過程で、栄養価や乳酸菌も爆発的に増えるのですが、その秘密はぬか床にあります。ぬかの原料は、お米を精米する時に取り除かれる表皮や胚芽。そのぬかから作られた「ぬか床」は、たんぱく質、脂質に食物繊維、ビタミンはA、B1、B2、B6、E、ナイアシンにカルシウム、リン、鉄といった成分が含まれる、まさに栄養素の宝庫なのです。
野菜をぬか床に漬けることで、ぬかの中の微生物である乳酸菌や酵母が、野菜の中の栄養素も消化・分解して増やし、身体に優しく吸収しやすくしてくれます。野菜が持っていた栄養は何倍にもなり、ぬか床の栄養も加わって、漬けられた野菜は栄養価抜群の発酵食品になります。
さらに、ぬか漬けに含まれる植物性乳酸菌は酸に強く、生きて腸まで届くので、腸内の善玉菌は増え、腸内環境を整えてくれます。腸内環境を整えることのメリットと聞けば、まず思い浮かぶのが便秘の改善などお通じの悩みが改善されることでしょう。太りにくい身体になり、美肌にもつながります。ほかにも免疫力がアップし、風邪をひきにくくなったり、アレルギーが緩和されたりといった効果もあります。

腸内環境を整えてくれる発酵食品。中でもぬか漬けの栄養価は目を見張るものがあります。最近では、毎日かき混ぜなくても、冷蔵庫で保存し簡単に漬けられるぬか床も販売されています。ぜひ毎日の食事に取り入れて、美容や健康な身体作りに役立ててみてはいかがでしょうか。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2016-07-15 21:29

コメント (0)