TOP
49.59score

tomorin

保険とは愛である

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

私が選ぶのは、年収500万円の保険加入者です。
保険に入っている男性は、将来のことをきちんと考えられている人であり、
パートナーのことを本当に大切に想ってくれる人だと思うからです。

■何かあった時のことを考えるのは辛いもの

保険は、自分に万が一のことが起こった時のために存在します。
病気になったりケガをしたり、死んでしまった時のことを想像するのは、
誰にとっても気分がいいものではありません。
だからこそ、その時のことをきちんと考えられる人は、
とても立派で、素敵な人だと思うのです。

■保険に入っている人は、未来をきちんと想像できる人

医療保険に入っている人は、
不慮の事故にあったり、急な病気に見舞われた時のことも、冷静に考えられる人です。
治療費に困らないよう、
あるいは仕事に行けない日が続いても家族の生活が苦しくならないよう、
収入の中から毎月保険料を払って、安心を買える人です。

結婚して生命保険に入ってくれる人は、
自分が死んでしまったあとのことも想像でき、
妻や子供が困らないようにお金を残してあげたいと考えることができる、
思いやりと優しさのある人です。

■貯金より保険が安心

年収が1000万の人も、保険の代わりになるだけの貯金ができればいいけれど、
いくら必要になるかはその時になってみないとわかりませんから、
どちらかといえば保険に入っておく方が安心です。
それに、保険に入ること自体が、パートナーに対する愛であり、思いやりだと思うので、
私は保険に入ってくれる人を選びます。

.

最終更新日:2015-09-08 19:18

コメント (0)